「特に、~」を「Especially, ~」と訳してしまう問題

時々、人様の英文(エッセイ)を添削させて頂く機会があるが、

その際、頻繁に目にする誤りの一つに「Especially問題」がある。

わたしはネイティブでもなければ、英語指導のプロでもないので、

エラそうなことをとやかく言える立場にないのは重々承知しているが、

Especially問題は、かなり目にするミス(かつ私も過去幾度となく犯してきたミス)なので今回を機に簡潔にまとめておこうと思う。

.

Especially

.

◆   ◇   ◆

.

次のような誤用を目にする機会が本当に多い。

※以下の例文はサンプル(適当)です

.

〕I have experienced a variety of cultural differences co-working with various nationalities. Especially, ~

(私はこれまで様々な国の人々を仕事を共にし、多種多様なカルチャー・ギャップを経験してきました。とりわけ、~)

.

〕There are some notable points that have had impact on my life. Especially, ~

(私の人生に影響を及ぼしたいくつかの特筆すべき点があります。特に、~)

.

このように、

「特に、~」「とりわけ、~」「なかでも、~」

といった強調の意味を表すために「Especially」を文頭に持ってきて文章を開始する誤用を頻繁に目にする。

結論先に言うと、Especiallyで文章を始めることはできない

日本語の感覚だと「特に、~」「とりわけ、~」で文章を始めることになんら違和感はないが、英語でこの表現に相当する「Especially」は、これ単独で文の冒頭に置くことはできない

したがい、

「特に、~~~」

「Especially, ~~~」

という単純な置き換えは不可である。

Especiallyの兄弟であるParticularlyについても同様

「Particularly, ~」といった形で文章を開始することはできない。

.

◆   ◇   ◆

.

このEspecially問題を最も手軽に、かつ、文章の大意に障らぬようクイックに直すのであれば、

In particular, ~~」に置き換えると良い。

この書き方であれば、なんら問題はない。

または、For example ないしは For instance あたりで置き換え、具体的な話に導入していくという手もある。

もし、小洒落た文章にしたいのであれば、

.

I have experienced a variety of cultural gaps co-working with various nationalities, some unique examples of which experience are ~

.

みたいな形で、関係代名詞を使い一つの文章にする書き方もあるが、これは一歩間違えると途端に読みづらい文章になるので注意が必要。

しかしながら、この直し方は、正しく使えると文章の”大人度”がグッとあがるので、腕に覚えのある方はトライしてみるとよい。(但、その際は、書き終わった後にネイティブチェックに出すことを強く激しくおススメする。)

.

◆   ◇   ◆

.

まとめる。

☑ EspeciallyとParticularlyを単独で文頭に持ってくるのはNG

In particularであれば、OK

For example For instance を使って具体的な話に導入するのも、アリ

簡単なようで、実に多くの人がひっかかるポイントなので、是非注意して頂ければ。

.

お し ま い

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中