I think that’s OK は全然「オッケー(^^♪」じゃないよ問題

あなたが誰かと共同で作業しているとする。

ある日、互いの成果物を持ち寄ってひととおりレビューし、

「オッケー、これでいいね!いや~、突貫作業だったけど、かなり納得の出来栄えだわ!」

と感じて、シンプルに次のような表現で感想を述べたとする。

.

I think that’s OK!

.

この時(あなたの言い方にもよるが)話し相手は若干イラっとしている可能性がある。

.

◆   ◇   ◆

.

ご存知の方も多いと思うが、

英語の「OK」は日本語の「オッケー♫」とは似て非なるものだ。

日本語の「オッケー」は、一般的には、

心の中で「いいね!」と感じた時に使うものとして捉えられている。

.

OK

この女性が日本人への「オッケー」普及に果たした功績は計り知れない。画像は http://cadot.jpより借用

.

他方、英語の「OK」は、

.

「Not bad(悪くはないね)」

すなわち

「まぁ、可もなく不可もなく。及第点って感じ。」

.

上記のニュアンスで使われるケースが大半なので要注意。

以下の画像はGoogle画像検索で「Okay」を調べるとトップに表示される画像。

英語の「オッケー」がどんなテンションか、なんとなくお分かりいただけると思う。

.

OK(E)

英語のオッケーは全然オッケーじゃない

.

といわけで、ついつい日本語感覚で

「That’s OK♫ That’s OK♫」

言ってると、

「まぁ及第点♫ まぁ及第点♫」

と連呼するおかしなやつになりかねないので注意が必要。

本記事の冒頭で挙げた例では、

.

I think that’s OK

(まぁ、こんなもんかな。)

.

と言っていることになるので、最悪、相手方から、

.

(なに~?!昨夜彼女とのデートを断って徹夜して仕上げた俺様の資料が「こんなもん」だと~?!貴様、三代先までナメクジとして生まれ変わるよう呪いをかけてやるわ!)

.

ぐらいの勢いで恨まれても致し方ない。

That’s OKの代わりに、.

― Great!
― Wonderful!
― Excellent!
― Perfect!
― Amazing!

.

このあたりの言葉で形容するとよい。

なお、私個人の経験上、海外の人々は、

「(たいしてExcellentじゃないけど)Excellent!」

「(そんなにAmazingではないけど)Amazing!」

みたいな感じで、

日本人的感覚の3割引きぐらいでこれらの誉め言葉を使うことが多い気がする。(私見です。)

.

◆   ◇   ◆

.

最後に。

懸案の「That’s OK」はどんなシチュエーションに適しているのか。

例えば…

― 廊下で人とすれ違った際に肩が当たった
― 相手が「Excuse me」と言ってきた
― こちらは「That’s OK. No worries. (大丈夫。ご心配なく)」と返した

.

とか、

― レストランで本日のおススメをオーダーした
― お店の人から「すみません。本日、おススメは完売しまして…」と言われた
― こちらは「Oh, I see. That’s OK. (あ。そうですか。大丈夫です)」と返した

.

とか。

この程度の温度感だ。

OK = 大丈夫。及第点。目立った問題はない

.

来世でナメクジとして生まれ変わるのを避けるためにも、

上のような意識でThat’s OKして頂くとよろしいかと思う。

.

お し ま い

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中